【自閉症】引っ越し当日【知的障害】

子供
Pocket

晴天の引越し日よりでした(*´∀`)
旦那と2人で大物のベッド(組み立て式)を車に積み込もうとしましたが、2人だとうまく運べない上に私のリウマチがちょっと痛む。
そこで旦那が1人で運んでくれました。
大きさは、身長155cmの私が立って胸の辺りまであるダンボール。
重さは確か25kgくらい。
いくらコンパクトに収納されているとはいえそこはベッド。
そこそこ大きさも重さもあるんですよね。
偶然とはいえ、旦那が休みの時で助かった。
当初は長男と2人で運ぶつもりだったから、ちょっと無理だったかも。
後は衣類や毛布等なので、特に問題なしです。

ベッドの組み立ては旦那に任せ、私はグループホームの職員さんに手伝ってもらって押入れケースと棚の組み立て。
余談ですが、ベッドのマットレスは丸まった状態で箱に入っていました。
ビニールから取り出して広げると、「シュー、シュー」と音を立てながら勝手に広がって膨らんで行って、ちょっとビックリw
今はベッドも組み立て式が結構多いですね。
数年前に長男のベッドを買った時は組み立て式なんてなくて、苦労して2階に運んだのを覚えています。

結局思ったほど時間はかからず1時間前後で作業は終わりました。
無機質だったお部屋が、とても可愛いお部屋になりました。
写真を撮ってくればよかったのに、すっかり忘れていた事に帰宅してから気付いたよ!
チクショウ!

順調に済んだ引っ越しですが、朝起きて顔を洗っている時にふと、
「いよいよ今日引っ越しかー。何でこのタイミングだったんだろうなー・・・。」
と頭に浮かんだのです。
本当なら希望としては30歳過ぎたくらいでグループホームに移れたらいいなと思っていました。
10年も早く長男を手放す事になるとは。
色々納得済みです。
このタイミングを逃したら、次にグループホームの空きが出るのがいつになるのか、見当もつきません。
しかも通っている事業所が運営しているグループホームの空きなんて、きっと出ないと思います。
分かっているんです。
それでもやっぱりちょっと寂しくて、顔を洗いながらちょっと涙が出ました。

何だか長男の障害を告げられた時の心境にそっくりだな、と思いました。
障害児である事を認めざるを得ない気持ちと、それでもまだ希望を持っていたい気持ちが拮抗する、あの感じ。
2つの気持ちの間で揺れ動きまくるんですよね。
今も、無事グループホームが決まって良かったという気持ちと、もっと長男と一緒に暮らしていたかった気持ちでブンブン揺れている最中なんだろうなw
どのくらいの時間が経てば、自分の気持ちが安定するのかな。
数週間なのか数年なのか、今はまだ見当もつかない私なのです。
入居は4日月曜日から(,,’Д’)
長男が楽しく一生を過ごせますように!

コメント

タイトルとURLをコピーしました