【自閉症】長男との残された時間【知的障害】

子供
Pocket

今日は本当に寒かった!@愛知県
大学前を通ったら『センター試験会場』という看板が立っていて、
そりゃ寒いはずだよねー、と妙に納得した私です。

私は、長男を将来グループホームに入れる事を希望しています。
ていうか、入れなきゃ困る!
だって親は必ず先に死ぬし、次男に長男の面倒を見させる訳には
絶対に行かない!
お兄ちゃんの世話をして生きて行くなんて、次男がかわいそうすぎます。
だから、1人で生きて行く事が無理な長男は、どこかしらの施設に入れてもらうしかないのです。

長男の担当相談員さんには、面談するたびに毎回そう伝えているのですが、
本当に需要と供給が全く追いついていないんですよねぇ。
そんな事を何となく考えていてふと思ったのです。
私が長男と過ごせる時間は、あとどのくらい残っているんだろう?と。

養護学校に通っている時からしたら、既に確実に減っている、長男との時間。
養護学校時代は毎日8時半にスクールバスに乗って、
帰って来るのは15時前くらいでした。
夏休み、冬休み、春休みはほぼ毎日どこかしらに連れ出して。
土日も今のように地域活動支援は使えなかったから、
当然私がどこかに連れて行ってやらなければならず。
まぁ、大抵公園で散歩とか、買い物くらいだったんですけどね。
そうそういつも行く所なんかないんですもんww
それでも当時は、長期休みが本当にストレスで。
あーもー!たまには1人でゆっくり買い物したいよ!
と思っていました。
長期休みが終わるのを指折り数えていましたね。

別に外出で問題行動をする訳でも、パニックを起こす訳でもないんです。
でも、私が無意識に長男に気を使ってしまうんですねぇ。

それを実感したのが、長男が修学旅行に行った時。
このチャンスを逃したら、私はもう今後ゆっくり旅行には行けないだろう、と思い、
長男の修学旅行(2泊3日)に合わせて1人旅を計画しました。
オタクの憧れ、聖地巡礼。
私には到底無理だと諦めていたのですが、この機会に行ってしまおう!
と思ったのです。
行き先は広島、呉。
そう、艦これで私の一番お気に入りキャラの大和の生まれ故郷に行くためです
プロフ画面に自作の大和のイラストを置いてありますw
呉は戦艦大和の生まれた地であり、憧れの大和ミュージアムのある場所!
ずっと行きたいと思っていた所でした。

修学旅行当日、長男を新幹線の改札まで送って行く必要があったのですが、
改札前で先生に長男を引き渡したその足で、私も新幹線に乗りましたw
そして広島へ一直線♪

こちらもかねてから行きたかった、原爆ドームや原爆記念館を見て、
美味しい広島産牡蠣フライを食べ、いよいよ呉へ。
呉で1泊した後で、お目当ての大和ミュージアムへ行きました。
この大和ミュージアムがまた見どころ満載で・・・。

じっくり見学していたら、気付いたら4時間が経過していました。
その時に思ったのです。
「ああ、長男がいたら、絶対1時間もかからない内にここを出ていただろうなー」
私にとっては楽しい場所でも、きっと長男には退屈な場所。
後ろから私について歩くだけの長男に気を使って、
展示物の解説もろくに読まずに駆け足で見学しただろうな、と思った時、
「私、外出する時に普段から長男に気を使っていたんだな」
と思ったのでした。
誰に気遣う事なく、好きなだけ大和ミュージアムにいられる事が、
とても嬉しかったのを覚えています。

そんな私なので、特に夏休みにびっつり1ヶ月以上!
長男を後ろにくっつけて外出するのは、かなりのストレスが溜まりました。
しかし今、長男の長期休みと言えばお正月休みくらい。
ありがたい事に長男の通っている作業所は、祝日も営業してくれています。
お盆休みも、土日を挟んでせいぜい4日。
土日もヘルパーさんや地域活動支援、ショートステイに出かけて行くため、
長男が家にいる事自体が減りました。
私はかなり助かっていますが、一緒に暮らしている今現在ですら、
大人になった長男との時間は激減したんだなぁ、と改めて気付いた次第です。

もしグループホームに入所できたら、長男が家に帰って来るのは週末だけになります。
そして多分、今と同じように日曜には地域活動支援に通うと思います。
・・・いかん、私多分泣く
いつもはうるさいなぁ、と思っている長男の独り言も、恋しくなる時が来るのかも知れません。
そう思っても、やっぱりうるさいですがw

コメント

タイトルとURLをコピーしました