【多発性筋炎】受診33回目【間質性肺炎】

膠原病
Pocket

昨日は退院後33回目の受診日でした。
もう退院して3年以上経つと、正直何回目だったのかなんて覚えていないんだけどw

今月は幾分気が楽でした。
なぜなら、いつものA先生の「体重減りましたか?」のプレッシャーにいたたまれない気分でしたが、今月は堂々と「ちょっと減りました!」と言える!
まぁ1kgだけどね・・・その1kgを減らすのが、私にはとても大変な訳で(´・ω・)
そしていまだかつてないほどメカニクスハンドの調子もいい!

病院の自動受付機を使おうとしたら、何だか機械が変わってる!
新しいだけあって、多少画面とかも見やすくなってる・・・かもw

そして診察の前に、いつもの採血とレントゲン。
その後まずはB先生(研修医)の診察です。
しかしコロナ感染が増えているというのに、病院は相変わらずの混み混み。
待合室に座るスペースもありゃしないので、少し離れた所のベンチに座って待ちました。
混んでいるだけあって結構な時間待ちましたが、ようやく診察時間になりました。

まずはいつものように血液検査の結果を印刷した紙を渡されました。
B先生「ちょっと病院のシステムが変わって、印刷方法も変わってしまったので見づらいかもしれないですが」
言われてみれば今までとちょっと違うなぁ。
まぁ気になるほどでもないけどね。
ああ、それで自動受付機も変わってたんだなー、と納得納得。

それよりも!
ずっと下がらなくて気になっていた、肝臓の数値が下がっているじゃないですか!
まぁ、まだ正常値には程遠いんですが、それでも結構大きく下がっていました。
これは嬉しい(*´∀`)
体重1kg減ったせいかな!?w

まぁ毎度注目のKL-6は微減の、ほぼ横ばいで1700台でした。
下がんないなー(;ω;)
次回6週間後だと12月30日になってしまって、病院はお休みなので、12月23日か1月6日のどちらかで迷いましたが、年内に済ませておこう、と思って5週間後の12月23日を予約しました。

そして次はA先生(そもそもの主治医でリウマチ科の先生)の診察。
開口一番で体重関係の事を言われるかと思いましたが、なぜか今回に限ってそれはなし(;´Д`)
肝臓の数値が下がっていたのでその事も何か言ってくれるかなーと思っていたのに、
そちらもスルーw
なぜだww

メカニクスハンドの様子を見て、前回までと比べてかなりきれいになっていたのでちょっと驚かれた様子でした。
今プログラフを朝2mm、夜3.5mm飲んでいるのですが、そもそもメカニクスハンドが出た時に増量しているので、ちょっと減らしたいんですよね。
もちろん今すぐ減らそうとは思いません。
正直このまま順調に良くなって行くとも思っていないので、しばらく様子見は必要だと思っています。
でも、副作用の手の震えが本当に気になるので、少しずつでも減らしたいんですよね。
B先生は血中濃度の数値を見て渋っている様子でしたが、A先生はプログラフ減量に関して多少理解があったような感触(*’ω’*)
このままメカニクスハンドが落ち着いてくれれば減らせるかも(*´・ω・)(・ω・`*)ネェー

次回の予約はB先生の予約日に合わせて12月23日にしようと思ったら、A先生はその日の予約が激混みでどうにもならんそうで(-“-;)
仕方ないので1月6日に予約して来ました。
だったらB先生も1月6日にしとけば良かったよಠ_ಠ

そして地味に嬉しかった事。
いつも行く薬局で薬を受け取る時、普通に袋に入れてくれたので
「?」
と思ったら、バイオマスの袋を導入してくれてた!
有り難いのう(´ω`)
コンビニもうだうだ言ってないで、バイオマスにしてくれればいいのにネー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました