閉所恐怖症とMRI

膠原病
Pocket

唐突に思い出したけど、入院中の検査でやったMRIの事。
あれ本当にヤダw
ヤダっていうか怖い!
私は子供の頃から閉所恐怖症なんだよorz
あんなの機械見ただけで怖いよ。
何だ、あの狭くて長い穴!
入院前にも、昔何の検査だったか忘れたけど、1回だけやった事がある。
本当に恐怖だった。
「大丈夫、大丈夫、怖くない怖くない!」
って必死で自己暗示かけてたけど、あれ本当に時間かかるんだよね。

多発性筋炎になるまで、CTとMRIが区別ついてなくて、最初にCT撮るって言われた時に非常に怖かったw
実際CTは機械の輪っかが薄いし、時間も数十秒で終わるので全然平気だった。
ググってみたら、平気じゃないのはMRI・・・。
入院中にCTは2~3回やったけど、MRIは1回だったのが救い。

検査前に技師さんに
「アイマスクありますか?」
って聞いてみたけど、やっぱり置いてない、との事。
代わりにタオルを顔にかけてくれた。
入院中は不眠で、このMRI検査の後に病室でAmazonでポチってアイマスクを使っていたので、
次にMRIやるって言われたら持参しようと思っていたけど、結局1回だけで済んだ。

MRTってあの音も不快だけど、やっぱりあの狭い穴、アレが嫌だよね。
途中で腕をちょっと動かしたら、穴が思っていた以上に狭い事に気付いてしまって、そこでまた恐怖だった。
これ以上動いちゃいけない!もっと怖くなる!
って必死で固まってたよw
「私今目開けたら、恐怖で発狂する自信ある!」
って思いながら必死で早く終わるように祈ってたw

昔から『自分の意志ですぐに出られない狭い空間』が本当にダメで。
一度ぎゅうぎゅうの満員電車に乗った時も、閉所恐怖症が出て来て参った。
やっぱり必死で自己暗示して「怖くない、怖くない!」で乗り切ったw
理由なんか分からないけど、怖いもんは怖いのよ(´・ω・)

コメント

タイトルとURLをコピーしました