【多発性筋炎】受診22回目【間質性肺炎】

膠原病
Pocket

今日は待ちに待った受診日です!
なぜ待ちに待ったか・・・?
それはまりー✽.。.:*・゚さん(名前出してすみません)に教えてもらった、メカニクスハンドに良いという薬を処方してもらうつもりだったから!
このメカニクスハンド、日に日に厄介になって来ています。
ちょっと放置するとすぐにガッサガサになるので、こまめにヤスリで削っては保湿。
油断するとストッキングに引っかかりまくるんですよ。
迷惑な事この上ないです。

まずB先生の診察。
B先生、開口一番
「手指の症状はどうですか?」
と聞いて来てくれたので、薬を頼みやすくて助かりましたw
良い薬を教えてもらったんですけど、出してもらえますか?と聞くとパソコンに打ち込みながら調べてくれました。
アンテベート軟膏とドレニゾンテープ、両方無事処方してもらえる事が分かってホッと一安心ですv(。・ω・。)v
これで楽になるといいんだけど。

血液検査の結果は、またしてもKL-6が増加。
とうとう900を超えてしまいました・・・。
それなのに相変わらず何の自覚症状もない私。
この数値の増加は一体・・・?
先月基準値だった血糖値もまた高めになっちゃってるし、ガッカリです。
最近ちょっと野菜がしっかり取れてなかったせいなのかな(´・ω・)

そして次にA先生の診察。
先月聞いてみたARS抗体についての検査結果を教えてもらいました。
やっぱり数値が高く出ているとの事。
つまり、この病気になりやすい体質だったと考えて良いそうです。
だからと言って、この数値が高いと必ずしも発症するという訳でもないんだそうですけどね。
A先生は毎回腕の筋力を診てくれるのですが、右腕を診てもらった時
「ちょっと(筋力が)下がったかな?」
と言われたのでビックリ。
自分では分からないけど、そうなの?
ちょっとショックなんですけど(´・ω・)
B先生と違って、A先生はメカニクスハンドについては特に何も言われませんでした。
なんでだろ(-“-;)

そして、最近足踏み状態のステロイド量について聞いてみました。
メカニクスハンドといい、KL-6の増加といい、減らして良い要素が1つもないのは分かっているし、今減らすのは私も怖いので今すぐという事じゃないんですが、できればステロイドを減らして行きたいという事を言ってみたのです。
A先生は、「やっぱり今は症状が良くないので、焦らずにしばらくこのままで様子を見ましょう」との事。
ステロイドも5mgになると、副作用はほとんどないそうです。
ただ、全くない訳じゃないですよ、とは言われましたが。
もう少し状態が落ち着いたら考えましょう、的な感じでしたね。
5mgまでは比較的順調に(1回増量した事はあったけど)減って来たのに、ここに来てちょっと良くない症状が出て来てしまっているので、仕方がないなぁとは思っています。
まぁ、KL-6の増加は今に始まった事じゃないんですけどね。
最初にKL-6が上がったのを発見した時は結構大事っぽい感じでステロイド増量されたんですが、最近では何だか当たり前になって来て両先生とも全く意に介してない風なんですよねー。
自覚症状が全くないせいなんでしょうか。
もう私もあまりKL-6の数値を気にするのはやめようかなーと思っています。
咳が出る訳でもないし、過剰に息苦しさがある訳でもないですしね。
気にするだけ損だと思って、少し気楽に構えてみよう(・´з`・)

帰宅後早速メカニクスハンドの薬を塗ろう!と取り出した所、処方されていたのはアンテベートのジェネリックのサレックスという軟膏でした。
まぁ、効けばどっちでもいいんですけどね(-“-;)
今受給者証が使えないので、支払いが怖いです!
今日は病院代と薬代合わせても4万弱だったので、マシな方でしたが。
4万でマシとか、ほんと勘弁です。
保険証変更手続き中でも受給者証使えるようにしてよヽ(`Д´)ノ
大きい病院はこういう所の融通が利かなくて困る!

 

 

メルマガ毎日発行中!
ブログには書けない個人的な事や、時々毒吐いたりしてます。
新規登録大歓迎!読んでね!
登録はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました