メカニクスハンドの近況報告

膠原病
Pocket

ステロイド薬のお陰で、大分マシになったメカニクスハンド。
確かに症状は治まって来ているのですが、なぜか範囲が広がって来ています(´・ω・)
塗り薬はまだしも、貼り薬を切り貼りするのが大分面倒になって来ました・・・orz
これは剥離紙の3分の1くらいの量です。
範囲が広がって、しかも細かい部分が増えて来たので、とても面倒です。
細かい部分が多いので貼り薬が足りなくなる事はないのですが、あまりに細かい部分が多くて・・・。

写真だと分かりづらいので、図にしてみましたw
右手の表と裏です。

これが薬を塗る前の患部の範囲。
今思うとスッキリしてるなーという印象です。

そしてこっちが、現在の状況。
すごく範囲が増えている上に、形が複雑に・・・。
その分テープの切り方も複雑になる訳なのですよ。
最初は張り切っていたけど、最近何だか面倒だな、と思ったら、こんなに変わっていやがった(ノД`)゚.*・

特に指先のガサつきがひどかった時は、何を触っても引っかかって非常に不快でした。
ステロイド薬のお陰で今ちょっとマシになって来ていますが。

この間の受診日に薬局で薬を受け取る時、
「これから気温が低くなるので、手荒れがひどくならないように気をつけてください」
的な事を言われました。
親切で言ってくれただろうその言葉ですが、ちょっとカチンと来てしまったんです。
その辺のタダの手荒れと一緒にしてもらっちゃ困る!という気持ちになったんですよね。
思わず
「膠原病由来の手荒れなので、気温は関係ないです」
と言ってしまいました。
我ながら心が狭いですが(-“-;)

以前化粧品で良くなる、と言われた時もカチンとしましたしね。
結構気持ちに余裕がないっぽいです(・´з`・)
膠原病自体の知名度が低いのに、メカニクスハンドなんて更に知ってる人なんて少ないですよね。
分かっちゃいるんですけどねー・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました