注射その後

膠原病
Pocket

手根管症候群のステロイド注射をしてもらって2日目。
今朝、起きて20分も経ってから朝の強張りと痛みがないことに気付きました!
「え!?そういえばちっとも痛くない!」
と、我ながらビックリです。

強張りとそれに伴った痛みがないことにもビックリですが、毎朝それに悩まされていたのに、
強張りと痛みがないことに20分も気付かなかった事にまたビックリです。
手を握っても全然痛くない!
強張りばかりか、痺れとそれに伴った痛みも全くないではありませんか!
正確に言うと、痺れだけなら多少はあります。
でもいつも痺れと同時に襲って来た、イヤ~な感じのジワジワした痛みは全く出てこなくなったのです!
多少痺れるだけなら全然我慢できる!
無問題!
体中がどこも痛くないって、なんて幸せでありがたい事なんだろう。
それが当たり前だった頃には思い至らなかった事です。
同時に指関節の腫れぼったさというか浮腫感も、ほぼなくなっています。
なぜか症状が最初に出た右手よりも、左手の方が若干違和感がなくもないですが・・・。
でも痛みじゃなくて、ほんの微かな違和感に過ぎません。
雑巾を絞るのもやりにくくなっていましたが、今日は全く以前と変わらずにギュウギュウに絞る事ができましたw

でもこれってやっぱりステロイドが頑張って症状を抑え込んでいるだけに過ぎないんですよね。
ステロイドが切れたら、やっぱりまた痛むんだろうなぁ。
B先生曰く
「今飲んでいるステロイド量を考えると、(注射できるのは)年4回くらいかな」
との事だったので、もしまた痛みが復活したら次回の注射は1月か2月だそうです。
要は根本治療じゃなくて対処療法に過ぎず、ステロイドが頑張ってくれている間に治ってくれるといいなぁ、という感じなんでしょうねぇ。

手を使わずに安静にするのがいいそうなのですが、そもそもそんなに手を酷使した覚えもないんですけどね。
普通の家事くらいで酷使にはならないですよね。
キングスフィールドのプレイは、ちょっと酷使に値するかもしれない・・・w
ちょっと気になったのが、もしかしてマウス操作は手に良くないのかなぁと思ったのです。
ちょうど手根管の症状が出る1週間ほど前に、マウスを買い替えたんですよね。
そのマウスが普通のタイプではなくて、主に親指でカーソルを動かすタイプなのです。
こんなヤツですね↓

手根管になる前は何とも思わなかったのですが、痛みが出てからはちょっと親指で操作するのが辛かったです。
もしかしてこのせいなのでは・・・?
これは手の酷使になるのだろうか(-“-;)
同じタイプのマウスを膠原病発症の4ヶ月ほど前に買ってるけど、さすがにこれは無関係・・・だよね?(,,’Д’)

しかしこういう時ネットで買い物してると便利だよねー。
購入履歴がどれだけでも遡って見られるから、いつ買ったのかはっきり分かるw

とりあえず痛みがまた出て来たらステロイド注射をしてもらう事になるんだろうなぁ。
このまま治ってくれるといいんだけど。
しかしここまで効き目が出て来るとは、正直思っていなかったのでちょっと意外な気持ちです。
注射する前に先生に
「注射しても効かない場合もあるんですよね?」
とか
「根本的に治すわけじゃなくて、薬で抑えておくだけなんですよね?」
とか、ネガティブな質問ばかりぶつけていたからなぁw

コメント

タイトルとURLをコピーしました