【自閉症】GH体験中日【知的障害】

子供
Pocket

長男、グループホーム体験の週末帰宅中です。
毎朝長男は私より若干早く起きて、家中のカーテンを開け、着替えてテレビを点けます。
寝室まで微かに聞こえてくるテレビの音で、
「ああ、長男がちゃんといる」
という細やかな幸せを感じつつ起床しました。
とはいえ、今日は地域活動支援の日。
朝長男を集合場所に送って行って来ました。

昨日は私の母が家に来たので、ちょっと長男のグループホームについて話をしました。
通っている作業所と同じ所が経営しているグループホームにこのタイミングで空きが出ることが、どれだけすごい奇跡的な事なのか、
このチャンスを見送ってしまったら、次がいつになるのか全く分からない事。
本当に必要になった時に慌ててグループホームを希望しても、全く間に合わない事、等々。
母としては、何もこんなに早く家を出さなくても・・・と思っていたようです。
30代くらいになってからでいいんじゃないの?と言っていました。
それは、私もできるならそうしたいです。
でも、長男が30代になった時に都合よくグループホームの空きが出る保証なんて、どこにもありません。
しかも長男の作業所が経営するグループホームの空きなんて、まぁまず出ないでしょうねぇ。
そういう話をしたら、母も分かってくれました。
やっぱりグループホームに対する認識が甘かっただけだったんですね。
私が、早く子供から開放されたくて急いで申し込んだ、とか思ってたんだろうかw

でも、正直もっと受け入れ先に余裕があったらいいのにな、と思わざるを得ませんね。
必要な人が、希望すればいつでも入所できるグループホームさえあれば。
そうしたら、きっと私も母の言うように、長男が30歳になった頃を目安に入所を希望したと思います。
やっぱり離れて暮らすのが寂しい~。
思った以上にダメージ受けてますw

今朝も、私より先に起きてテレビの前のソファに座っていた長男に、頬ずりしてしまいましたしw
いつもは割と迷惑そうな顔をされるのですが、今日はイヤじゃなかったようです。
やっぱり長男も、離れている間少し寂しかったのかも知れません。
明日からまた金曜日までお別れです。
来週は、少しは長男のいない日常に慣れているかな?
このお試しは来週金曜までです。
その後、正式入所がいつになるのかはまだ決まっていません。
決まるまでは、長男との暮らしを噛み締めたいと思います。

メルマガ毎日発行中!
ブログには書けない個人的な事や、時々毒はいたりしています。
新規登録大歓迎!読んでね(*´∀`)
登録はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました