呪われているとしか思えない

日記
Pocket

今日は次男の学校の保護者相談会に行って来ました。
学校と言っても他県です。
遠い(`;ω;´) ウウッウウッッ
平日と同じくらいの時間に起きて、平日よりちょっと早い時間に家を出ました。

実はこの次男の学校・・・なぜか私と非常に相性が悪いのです。
先生方がどうこうではなくて。
そもそも、次男の学校へ行って何事もなかった事が1回しかない!
まず入学式。
入学式は、同じ系列の6校合同だったので、大きな会場を借りたため、厳密には学校に行ったわけではないのですが・・・。
その日はとにかく寒くて、上着を持たずに家を出た事を激しく後悔しました。
寒くて寒くて、ずっと震えが止まらずに、歯がガチガチなるほどの状態。
その後鼻水が止まらなくなって、1ヶ月ほどで膠原病由来の微熱を発症をしています。
ハッキリとは分からないけど、この時寒さを我慢し続けた事が膠原病発症のキッカケになったんじゃないかと、密かに思っています。
直接の原因っていうんじゃなくて、元々くすぶっていた膠原病が、この事をキッカケにして表面に出てきた感じ。
この出来事がなければ、もう少し遅いタイミングで発症したか、もしかしたら未だに発症していなかったのでは・・・。
まぁ、完全に憶測ですが。

そして翌月月末。
日付もハッキリ覚えています。忘れられません。
2017年5月27日。
次男が1年生の時の、初の保護者相談会でした。
既に微熱が下がらなくなって1ヶ月近く経っていて、手指にリウマチの痛みも出て来だした頃です。
それでも一応普通に生活はできていました。
鎮痛解熱剤を常に飲んでいる状態だったので、普通とはちょっと言えないかもですが。
異変は、電車から降りて学校に向かって歩いている最中に起きました。
普通に歩いているだけなのに、息切れしている!
なんで!?
おかしいと思いつつ学校に到着し、そのまま保護者相談会に参加。
とにかく何かがおかしいので、怖くてゆっくり歩いて駅に向かいました。
帰路についた駅のホームで立っているのがしんどくなって、しゃがんで電車を待っていました。
そして地元の駅についた時。
怖いので駅の階段はものすご~くゆっくり登りました。
それなのに。
階段を登りきった所で、立っていられないほどの息苦しさを感じたのです。
しゃがみ込んで休みたかったのですが、100mも歩けば駐車場に停めた車があるので、そこまで頑張って歩いて、車で横になろう、と思って必死で歩きました。
大げさでなく死に物狂いで車について、シートを倒して休みながら
「絶対おかしい!すぐに病院に行かなくては!」
と考えていました。

大きな出来事はこの2つで、後は学校に行ったら風邪を引いた、程度の事なんですけどね。
今日を含めて入学以来6回学校に行っていますが、何事もなかったのは本当に1回だけ。
なので、完全に苦手意識を持ってしまっているんですよね~。

そういう訳で、今日もそれなりに気にしてはいました。
でも別に体調が悪いという事もないし、まぁ今回は大丈夫じゃないかな・・・多分。
というくらいの気持ちだったんですが。
昨日の朝から妙に鼻水が立て続けに出て止まらない。
午後になったら、何だかちょっとだるくなって来た。
え・・・これって風邪か!?
今度は学校に行く前日に、何の予兆も心当たりもなくいきなり風邪ですよ!
ちょっともう、信じられない!
何か呪われてるのか!?
慌てて葛根湯を飲んだのですが、今朝起きてみたらやっぱり風邪。
寝汗はひどいし喉も痛い。
一応マスクして寝たんだけどなー(´・ω・)
昨日よりちょっとだるさが増しているけど、仕方ないので学校へ行って来ました。

今年は就活が始まるので、とてもとても順調には行かないと思われる次男のおかげで、
もしかしたらまた学校に行かなければならない事態になるかもしれません(-“-;)
今度学校へ行く事になったら、徹底的に手洗い敢行したいと思いますorz

 

メルマガ始めました!
ブログに書けない個人的な事や、ちょっと書きづらい感情的な事も書いています。
せっかく登録してくれたのに、届いていないという方!
一度迷惑メールフォルダの確認をお願いします!
新規登録大歓迎!

障害児を育てながら快眠を目指す難病母!
姓   名 
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

コメント

タイトルとURLをコピーしました