入院中のストレス

膠原病
Pocket

あと1週間ほどで、入院2周年です。
別に嬉しくはない記念日ですがw

でも、入院中も悪いことばかりじゃなかったんですよね。
日常の煩わしさからキッパリ離れられるっていうのは、とても心穏やかなものでした。
ただ、大部屋ならではのストレスは日に日に増して行きました。
やっぱり入院するなら個室がいいですね。
痛感しました。

消灯の意味・・・知ってる?何故か新入りさんに多かったコレ。
消灯時間になっても電気消してくれないんですよねぇぇ(-“-;)
私は明るいと眠れないので、自宅では一切の灯りを排除しています。
夏のエアコンの点灯部分さえ気になるほどなのです。
看護師さんも別に注意しないんですよねー。
でも検査入院の時と本入院でフロアが違ったので、看護師さんによるのかも。
検査入院の時の看護師さんは、私が電気つけっぱなしでうとうとしていたら、消灯時間に消していってくれたのですが・・・。
これは病室でアイマスクをAmazonでポチって解決しました。
大部屋に入院する時は必需品です!


物音、トイレ、咳・・・

私が入院していたのは呼吸器科だったので、喘息の人もいました。
間質性肺炎の症状が一番強かったので呼吸器科だったんだと思いますが・・・。
他の病棟が良かったなーと何度も思いました。
夜中に結構物音するんですよねー。
これもAmazonで耳栓をポチったのですが、あまり役に立たなかったです。
代わりにイヤホンを使って、寝る時には常に快眠音声を流して外部の音をシャットアウトしていました。
ただでさえステロイドの副作用で不眠があったのに、周りの音で目が覚めるとか・・・ストレスMAXでした。

勝手に消すんじゃねぇぇぇぇ!!!

一番厄介&腹が立ったのが、エアコンを勝手に切る人がいたこと!!
私が入院していたの、真夏ですよ。
それなのにおばーさんは「寒い」とか言って、同室の人の同意も得ずに勝手にエアコン切っちゃうんですよ!!
いやいやいや、アンタ寒くても私暑いし。
寒いなら夏用のそんな薄いパジャマ着てないで、もっと厚いの着てくださいよ!
私の他は70代以上のおばーさんばっかりだったから、エアコン切られてもそんなに気にならなかったのかもしれないけど、私は(当時)まだ40代だよ!
暑いんだーヽ(`Д´)ノ
エアコンは1室に2基あったのですが、せめて切るなら自分の方の分だけ切ってくれればいいものを、こっちの方のエアコンまで切るから質が悪い!
向こうが勝手に切るなら、こっちは勝手にスイッチ入れますよ、と思って、熾烈なエアコンバトルを繰り広げておりました。
これが一番のストレスだったなぁ(‘ω`)
面会時間過ぎてるのに、何でいつまでも喋ってんの?いつも面会に来る人の多いおばーさんがいました。
それは別にいい。
いいんだけど、この人の面会人、いつもいつも面会時間外に来てんの。
しかも毎回同じ人って訳じゃないんだよ?
どーしてww
個室ならともかくさー!
大部屋なんだから、面会時間過ぎたらとっとと帰ってよorz
もう消灯10分前なんですけど・・・なんて事しょっちゅう!
しかも看護師さんも何も言わないんだよねー。
おかしいだろ!!
ちなみのこのおばーさんは、エアコンバトルの相手だったりするw

・・・とまぁ、入院中の私のストレスは全て個室だったら関係のない事ばかりでしたので、次回入院する時は是非とも個室を検討したいものです。
なので、緩和型の日額1万円の医療保険を考えています。
貯金しておけばいいんだけど、貯まる前に入院になったら困るし、悩みどころではあるのですが。

あと、入院後半の多大なストレスはササミでしたけどねww

 

メルマガ始めました!
ブログには書けない個人的な事、ブログ記事の裏話等書いています。
新規登録大歓迎!(*´∀`)

障害児を育てながら快眠を目指す難病母!
姓   名 
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

コメント

タイトルとURLをコピーしました