今度入院するなら絶対個室!

膠原病
Pocket

2年前入院した時、
「大部屋なら部屋代はタダです」
の言葉に惹かれて入った大部屋。
私の通っていた病院の大部屋は4人部屋でした。

最初に入った時は、既に2人のおばあちゃんが入院中。
幸いにも私は窓際のスペースに入る事ができました。
最初のメンツは、後から思えば一番良いメンバーでした。
みんな静かだし、咳の出る人もいません。
多少夜中のトイレの物音がしたりしますが、まぁそれはお互い様ですしね。

が、入院患者っていうのは結構目まぐるしく入れ替わります。
2人のおばあちゃんはあっという間に退院していき、その後に入ってくるバーサン達は曲者揃いでしたorz

つまんない事でナースコールして真夜中だろうがなんだろうが普通のボリュームで話をするバーサン。
いびきのものすごいバーサン。
エアコンを勝手に消すバーサン。
なぜか面会客が面会時間外ばかりに来るバーサン。
いびきがすごいバーサン。
病室を老人サロンにしてずーっとおしゃべりしているバーサン・・・挙げたらキリがありません。

不快だったのはバーサンだけじゃなくて、面会客にもいました。
カーテンで仕切ってくれればいいものを、なぜかカーテンを開けていて、私がトイレに行くために自分のカーテンの仕切りから出ると、ジロジロこっちを見てくる面会客!
何でわざわざそんなに見るんだよ!
こっちは体調最悪で身なりを整える余裕もないし、点滴ぶら下げてるし、人にジロジロ見られたくないんだよヽ(`Д´)ノ

ひたすら仕切りカーテンを締め切って閉じこもっていた私には、カーテン全開でいるのが、もう理解不能!

夜中のいびきや物音に、ただでさえステロイドの副作用の不眠で眠れなかった私はノイローゼ寸前になりました。
その辺りはアイマスクと耳栓で凌ぎましたが、私はこの時の入院で決意したのです。
次に入院する時は、絶対個室に入ってやる!」

消灯過ぎても電気を消してくれない人も多すぎ!
話し声も筒抜け!
夜中の物音で目が覚めるのももうイヤだ!
ただでさえ具合が悪いのに、余計なストレス抱えるのは本当につらいです。

もうすぐ退院から2年経ちます。
緩和型の医療保険に入れる条件が整う・・・(`ω´)グフフ

 

 

メルマガ(ほぼ)毎日発行中!
ブログには書けない個人的な事や、最近は割と毒吐いてます。
新規登録大歓迎!読んでね(*´∀`)

障害児を育てながら快眠を目指す難病母!
姓   名 
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

コメント

タイトルとURLをコピーしました