スポンサーリンク

【多発性筋炎】受診29回目+粉瘤【間質性肺炎】

膠原病
Pocket

ゴールデンウイーク前の診察から6週間、今日は定期検診の日でした。
それに加えて、今日は粉瘤の受診のため、皮膚科の予約も入っていました。
先日個人医院で様子見になった粉瘤。
その後個人医院で市民病院での受診を勧められ、
「平日で都合のいい日はありますか?」
と聞かれたので
「6月3日に市民病院に行く予定なので、同じ日にしてもらえると助かります」
と言ったら、運良く今日の予約が取れたのです。
なので今日は
10時30分~皮膚科
11時~リウマチ科(A先生)
11時30分~内科(B先生)
と、予定盛りだくさんでしたよw

個人医院の先生曰く
「当日いきなり手術になる事はないので、大丈夫ですよ」
と言われていたので、リラックス気分で紹介状を持って受診!

いつも行っている病院は、いつも混み混み。
でも今日はちょっと駐車場が空いていました。
入り口には検温隊が数人待機。
なぜかこの病院、緊急事態宣言終了後に検温を始めいまして。
そして院内も少し人が少ない印象でした。
大体いつもの7割くらいな印象。
前回(4月22日)コロナ真っ最中に行った時はそれほどでもなかったのにねー。
田舎はこんなものなんでしょうかね?
新製品がお店に並ぶのも遅ければ、医療機関の対応も遅い、一般市民の意識が変わるのも遅いとw

皮膚科の受付を済ませて待つことしばし、診察室へ呼ばれました。
案内してくれたのは若い看護師の男性。
男性だからてっきり先生だと思った!
「先生はもうすぐ来るのでお待ち下さい」
とその看護師さんに言われてしばらく待ちました。
現れた先生はなんと爽やかイケメン!w
内心
「おおお・・・」
と感心しておりました。
こんなイケメン医師、なかなかこんな田舎じゃお目にかかれぬw
診察も、その風貌に違わず爽やか&にこやかで感じもいい~(´ω`)
こんな素敵な先生に、こんなオバちゃんの背中のデキモノを見せるのは申し訳ないナァなどと思いつつ診察してもらいましたw
先生は
「粉瘤で間違いないですね」
と言いつつ、図を書いて丁寧に説明してくれました。
「感染が結構ひどくなっているので、このままだと袋が取れないですね。
とりあえず今日、皮膚を切って膿を出して、感染が治まるまで待つことになります。」
との事。
(;゚д゚)ェ!今日すぐ切るのか!
ていうか感染ひどいの?
私はてっきり感染になりかけているっていう程度だと思っていたんだけど・・・。
「感染ひどいんですか?」
と思わず聞くと
「ひどいですね~」
と爽やかに即答されましたw

さくらももこさんの著書に書かれていた粉瘤を先日読み返したんですが、ももこさんの場合
「軽く幹部をポンと叩かれただけで、泣き叫ぶほど痛がっていた」
描写があったので、椅子の背もたれに当たった時に
「痛いな(不快)」
程度の痛みだった私は、まだ感染になってないorなりかけているっていう程度だとばっかり思っていました。
感染になると袋の境界線が曖昧になって、うまく取れない、みたいな事を言われました。
一応ネットで調べて、感染=すぐ袋が取れない っていうのは分かっていましたが・・・。

そして膿出しといえば、やっぱりさくらももこさんの経験を思い出す訳で・・・。
「麻酔もなしに患部をぎゅうぎゅう押されて、悶絶するほどの痛み」
と書いてあったんだよな・・・。
麻酔はあるのかないのか?
悶々としていると先生の方から
「麻酔をかけて皮膚を切り取ってなんたらかんたら」
とまたしても図を書いて説明してくれました。
麻酔あるんだー!ε-(´∀`*)ホッ

しかしこの麻酔が痛かった!
とネットに複数書かれていたのも見ていた私。
内心ガクガクブルブル((;゚Д゚))しながらベッドにうつ伏せになっていました。
麻酔注射をする前に先生も
「麻酔だけ痛いですからね~」
と言われたので、
「ネットに書かれていたのは本当だった!一体どれほどの痛みが・・・!」
と息を止めて痛みに備えていました。
チクチクチクッと、確かに体がビクっとするくらいの痛みはしたのですが、なんだ、この程度なら全然平気よ(*´∀`)
「痛いのはこれで終わりですよ~」
と言う先生の言葉通り、その後は全く痛みを感じる事がありませんでした。
先生が渾身の力を込めているのは分かるんだけど、麻酔が効くのが早くてビックリw
さくらももこさんは麻酔なしでこれをやったのか・・・そりゃ相当痛かろうよ・・・
などと考えていると
「中から出て来た物なんて、見たくないですよね?」
と先生が声をかけてくれました。
え、いや見たい、見たいぞw
「あ、ちょっと見たいです」
と言うと、出て来た膿を見せてくれました。
今まで自分の体から出た膿では間違いなくトップクラスの量w
その後で切り取った袋の一部も見せてくれました。
後で明細を見たら診療内容が「皮膚生検」となっていたので、きっとあの袋の一部を生検に出したんだろうなぁw

今日は入浴禁止、次回(2週間後)の診察まではシャワーのみ、と言い渡されて終了。
麻酔が切れたら痛むのかと思っていましたが、21時現在傷口に触れなければ全く痛みもありません。
ていうか、2週間後にまたイケメン先生に会えるのが密かな楽しみですねw
眼福眼福(*´∀`)

スポンサーリンク

その後いつもの膠原病の受診。
今日はA先生が先でした。
ビックリしたのが、いつもなら1時間以上待たされるのに、待合室の椅子に座ってスマホを取り出した途端に呼ばれたこと。
こんなに早く呼ばれたのは初めてだよ!
見ればいつもよりかなり患者さんが少なくなっていました。
朝来院した時よりも、皮膚科にいる間に明らかに患者数が減っていました。
KL-6の数値はほぼ変動がなく横ばい。
これと言って変化はなしです。
その他の数値も似たようなものでした。

次にB先生の診察。
こちらもいつもよりかなり早く呼ばれてビックリですね。
メカニクスハンドの様子を見て、特に悪くなっている数値もなく、平和に終了w
今日のメインは完全に皮膚科ですねw

ちなみに診察料ですが、当たり前ですが皮膚科の分はやっぱり実費でしたw
そりゃそうだよね(;´Д`)

会計の頃になると、いつもでは考えられないほど病院内が閑散としていました。
私が診察をしている間に、患者さんがどんどん減って行ったようですね。
いつもこのくらい空いていれば楽なのになー。
普段よりトータル1時間も早く終わったのは大助かり(*´∀`)
受診したのはいつもより多い3科だったのにねー。

スポンサーリンク
今個人的に「ためになる!」と思って購読しているお勧めメルマガです。
特にネットを使った副業に興味のある方に読んでいただきたいですが、
病気の体験を逆手に取ってビジネスにした話等、
単なる読み物としても面白いと思いますよ!
私のように病気があると、家で副業って憧れますよねぇ(´ω`)
今のようにコロナのせいで外出もままならない状態の時、
自宅にいながらにして仕事をできる術を知ることもできる!
・・・まぁ、それをものにできるかどうかは結局読んだ人次第なんですがw
業界人気No.1レンガのメールストーリー | 月給23万労働者から週7暇人経営者になった全記録

コメント